AGAで困ったときは。

AGAで困ったときは。

薄げは遺伝する

最近薄毛が気になり始めたそこのあなた。薄毛やハゲは遺伝するのを知っていますか?
遺伝性や男性ホルモンの影響で薄毛になってしまうのは、AGAという「男性型の脱毛症」なんです。
遺伝やホルモンの影響じゃ治療が難しいと思うかもしれませんが、国内外でこの脱毛症の研究が進み治療法も確立されてきています。
今回その治療法や予防方法の紹介をしたいともいます。

AGAの診断を受ける

まずは専門機関でAGA診断を受けてみましょう。
インターネット等で自分がAGAだと自己診断し、サプリ等を買っては全く効果が出ずにお金を無駄にしてしまうかもしれません。
本当に自分がAGAなのかを見極めてから治療を開始しましょう!
今では都市部以外の地方でも育毛専門のクリニックも増えていますので、探してみてください。

AGAの治療方法

一番気になる治療方法ですが、AGAの治療には頭皮のケアと薬による治療が主になります。
クリニック等に行くと、AGA治療用のプロペシアやミノキシジルという薬を処方して貰えます。日本国内では処方箋が無ければ購入出来ないお薬です。
その他にもAGAに効果のある薬を直接注射する方法や、自分の高等部や即頭部の男性ホルモンの影響を受けにくい毛を毛包(発毛・育毛をつかさどっている細胞)事、移植する治療法もあります。

頭皮ケアシャンプー

個人輸入は危険

国内でプロペシアやミノキシジルを個人輸入する方法もあるんですが、生産国が国外になっているお薬は日本で禁止されている成分も入っていたりするので安易に買うのはとても危険です。
きちんと専門の病院などで処方してもらわないと、重大な副作用などが起こった時に正しい処置が出来ない場合もあるので絶対に病院で処方してもらいましょう。

頭皮ケアシャンプー

最近では育毛効果のあるシャンプーも沢山発売されていて、中にはプロペシアやミノキシジルに似た成分の入った物まで売っていたりします。
頭皮を清潔に保つ事もAGA治療には大事な事なので、クリニックに行くと髪の毛の洗い方も教えて貰えますよ。

Top